読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sakaharaのブログ

アプリ開発に関する話や日々の出来事など

Google Tag Manager for iOSについて調べてみた

Google Tag Manager(以下GTM)に自動イベントトラッキングなるものがあると聞き、 iOSアプリにも導入してみようと調査してみました。

自動イベントトラッキングとはWebではHTMLにイベント毎に特別な記述を書かなくても、 トラッキングすることが可能になるというすばらしい機能です。

これが実現できればアプリ審査を通さなくても いつでもトラッキング情報の変更ができるという正に夢のようなツールです。

期待に胸を膨らませながら調べ続けて数時間、一切情報を得られないまま・・・潔く諦めましたw 結論からいうとiOS SDKにはこの機能は無いみたいです。

ドキュメントにかじり付いて読んでみたんですが、 自動イベントトラッキングに関する情報は一切登場しませんでした。

https://developers.google.com/tag-manager/ios/v3/#intro

Web版の方にはありますね・・・。 興味ある方は下記をご覧ください。

https://support.google.com/tagmanager/answer/3420054?hl=en

ドキュメントに書いてあったGTMで管理できる項目は下記のようなものくらいです。

  • 様々なUIの設定や表示する文字列など
  • アプリ内のサイズ、場所、広告の種類
  • ゲームの設定

簡単に言ってしまえばアプリ内の設定情報などを持つのではなく Google Tag Managerで設定情報を取得するようにして 変更したくなったら再ビルドすることなくWebの管理ツールでできるよって感じです。 その他にはGTMから条件を設定して、その条件を満たしたイベントのみを送信するとかでしょうか。

使えない、全然使えないよ!って言いたくなりますが、 再ビルド無しで設定値などの管理ができるのはそれなりのメリットはあると思うので良しとしましょう。

せっかくなので暇な時に使い方でも書いておきます。