読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sakaharaのブログ

アプリ開発に関する話や日々の出来事など

書評

「リモートチームでうまくいく」はリモートワークだけでなく新しい働き方を提案してくれる良本

リモートチームでうまくいく マネジメントの?常識?を変える新しいワークスタイル作者: 倉貫義人出版社/メーカー: 日本実業出版社発売日: 2015/12/17メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る この書籍には以前ブログで書いた「リモートワ…

「リーダブルコード」は英語で原書を読んで見る方がおもしろい

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)作者: Dustin Boswell,Trevor Foucher,須藤功平,角征典出版社/メーカー: オライリージャパン発売日: 2012/06/23メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 68人…

書籍「納品をなくせばうまくいく」を読んでより良い開発手法について考えてみた

この書籍自体は昨年出版された当時に一度読んだのですが、最近は受託の仕事が多く今後に活かすために改めて読み直しました。 「納品」をなくせばうまくいく ソフトウェア業界の“常識"を変えるビジネスモデル作者: 倉貫義人出版社/メーカー: 日本実業出版社発…

生活を犠牲にしてやる仕事に疲れたら書籍「ナリワイをつくる」を読んでみるとよい

会社の同僚がたまたま持っているのを借りたらおもしろかったので紹介します。 ナリワイをつくる:人生を盗まれない働き方作者: 伊藤洋志出版社/メーカー: 東京書籍発売日: 2012/07/02メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 4人 クリック: 176回この商品を含…

1日でJavaScriptを理解するために「パーフェクトJavaScript」を読んでみた

ここ数年アプリの仕事ばかりやってて、Web周りの知識が乏しくなりつつあったんですが、仕事で必要になりそうなこともあり重い腰を上げました。 ホント久々に丸1日好きにできる時間を持てたので、どうやって学ぶかいろいろ考えたんですが、 結局会社にあった…

アプリ開発者なら書籍「Web API: The Good Parts」は読んでおくべき

最近のアプリ開発においてクライアントサイドだけで完結するようなものはかなり少なくなってきたと思います。 おそらく何らかのAPIを直接もしくはSDK経由で呼び出すことがほとんどではないでしょうか。 そういった背景がある以上、すぐれたWeb APIがどうある…

「SwiftではじめるUI設計&プログラミング」を読んだ

SwiftではじめるUI設計&プログラミング 「操作性」と「デザイン性」を兼ね備えたアプリの開発手法作者: 柴田文彦出版社/メーカー: 翔泳社発売日: 2015/02/21メディア: 大型本この商品を含むブログ (1件) を見る タイトルから期待して2ヶ月くらい前に購入し…

「ビジネスモデル・ジェネレーション ビジネスモデル設計書」を読んでみた

同僚に紹介されて読んでみました。 ビジネスモデル・ジェネレーション ビジネスモデル設計書作者: アレックス・オスターワルダー,イヴ・ピニュール,小山龍介出版社/メーカー: 翔泳社発売日: 2012/02/10メディア: 大型本購入: 29人 クリック: 473回この商品を…

「アジャイル開発とスクラム 顧客・技術・経営をつなぐ協調的ソフトウェア開発マネジメント」を読んでみた

新たにアジャイル関連の書籍を入手したので読んでみました。 アジャイル開発とスクラム 顧客・技術・経営をつなぐ協調的ソフトウェア開発マネジメント作者: 平鍋健児,野中郁次郎出版社/メーカー: 翔泳社発売日: 2013/01/18メディア: 単行本(ソフトカバー)…

「強いチームはオフィスを捨てる」を読んでリモートワークのメリット/デメリットについて考えてみた

私は京都で働くようになるまでは元々広島で仕事をしていたので、以前からリモートワークに興味がありました。 広島に居ながら東京の会社に就職して仕事ができたらいいなぁーと漠然と思っていた時期もあります。 ただ実際にリモートワークをやるにしても正直…

アジャイル開発をより良く知るために「SCRUM BOOT CAMP THE BOOK」を読んでみた

アジャイル開発の手法の一つであるスクラムについて知るために読んでみました。 SCRUM BOOT CAMP THE BOOK作者: 西村直人,永瀬美穂,吉羽龍太郎出版社/メーカー: 翔泳社発売日: 2013/02/13メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 5人 クリック: 13回この商品…