sakaharaのブログ

アプリ開発に関する話や日々の出来事など

何事にも集中できないと困っている人は「集中力はいらない」を読んで安心してほしい

この本のタイトル通りに受けるのは少し誤解を招きますが、集中することは良いことなのに、集中できないで悩んでいる人は、ぜひ一度読んでもらいたい本です。 主に著者は集中することをやめることで、機械にはできない人間本来の能力を発揮することもできるということを伝えています。

集中力はいらない (SB新書)

集中力はいらない (SB新書)

集中することはミスを防ぎ、正確な計算や作業をしたり、色々なことを記憶していくなどの作業には向いてます。 ですが何か新しい発想をするとかアイディアを考えるというフェーズでは、集中はむしろ逆効果になってしまうということ。 何も決まっていないことから発想するというのは、集中すれば答えを出せるという類のものではないからです。

本書では著者の考え方や方法論などを説明しながら、集中しないことのメリットを教えてくれているので、その中から心に残ったものを紹介します。

情報は鵜呑みにしない

ネットで頻繁に広告が出てくるからといって、今流行っているものだと思わないこと。 「この宣伝が近頃多い」というのが正しい認識であり、むしろ売れていないから宣伝していると考える。

集中とは機械のように働くこと

今後AIが人間に代わって作業をすることが増える。仕事なんてなくなれば良いのではないか。 機械に任せられるなら、任せてしまうことで人間はもっと自由になれる。

多くの人は反応しているだけ

普通の人が考えたと言っている行為のほとんどは、ただ世間の常識だとか、知識としてあったものに照らし合わせただけか、選択しただけで、実は塾考していない。 実は単に反応しているだけ、周りに合わせているだけ、自分の頭では考えない。

成功する人は一つのことに集中しない

成功した人間がなぜ成功したのかといえば、それはその時代にあって、誰よりも早く新しいものを生み出したからだ。 まるで一つのことに集中して、一心不乱にやり遂げたように語られることが多いが、実はそうではない。 あらゆるものを検討し、既存のものに集中せず、柔軟に対処した結果である。 そこにあるのは集中ではなく、分散だったはずだ。

分散が客観的視点を作る

自分がやっていること、自分がしたいこと、そういった主観的な立場や欲望に集中することは、つまり周囲の状況が見えていない状況であり、これではコミュニケーションも浅いものになるし、信頼できる人間だと認められることはない。 その意味でも、視点を集中せず、いつも多視点で観察することが重要である。 そんな姿勢が、かえって疲れない自然な思考と行動へと導くだろう。

集中は人間を排除する

現在の大衆の多くは、ただ「処理」をし「反応」する機械になっていないだろうか。ネット上での付き合いも、そのうち自動化されるかもしれない。つまり、こんな場合は「いいね」を返すという処理は、アプリに覚えこませることが可能だからだ。

(エンジニア視点ではこういうアプリを作りたくなる)

思考こそが人格である

人間は、「思考」を人格だと知っていて、考え方が優れている人を、優れた人であると認識しやすい。 人が他者を尊敬するときには、その人の言葉だけではない、考え方が立派だと感じるからである。考え方は、なかなか表に出てこないが、沢山の場面で、その人の発言や行動から総合して感じられるものなのだろう。 優れた人格は、できるだけ沢山の人の人格を尊重しようとする。そのために必要なのは、集中することではなく、分散し、発散する視点によって、優しく周囲から包み込むように考えることなのである。

まとめ

一つのことに集中して突き詰めることで、成功するような経営者の話を見たり聞いたりすることが多く、漠然と集中することが大切と勝手に思い込んでいたところに、この本を読めたことはとても有益でした。 自分自身エンジニアとして何かを集中して作ったりすることは普通の人と比べると全然得意だけど、問題点を発見する、新しい発想で何かを生み出すということについては、あまり力を発揮できないと感じてました。 ですがその原因の一つは本書を読むことで解決する糸口をもらえました。 考えるための方法というのは人それぞれで、これが正解というものもないですが、著者のやり方なども紹介してくれているので、柔軟な発想が欲しいとか仕事で求められるような環境な人はぜひ一度読んでもらいたいです。 そして反応するだけと思考することの違いも知ってもらいたいです。

妻が開発したアプリ Milk Time(ミルクタイム)の今後について

明けましておめでとうございます。 ブログを書こう、書こうと思いつつ気づけば新年になってすでに8日も経過してしまいました。 新年を迎えましたので、今年の抱負も踏まえ、これまでの振り返りと今後の予定をまとめてみました。

これまでのMilk Timeについて

以前授乳タイマーアプリのMilk Timeについてブログに書いてからかなりの反響をいただきました。

sakahara.hatenablog.jp

また昨年はアプリマーケティング研究所で私たちがしているアプリ開発のことについて紹介してもらっています。

appmarketinglabo.net

アプリマーケティング研究所は企業に限らず、個人開発者にもフォーカスしており、ずっと愛読していたので嬉しい限りです。 開発者の人でなくてもちょっと面白い人?を含めて様々な人生を生きる開発者を見れるので、オススメです。 もちろんアプリのマーケティングに関する記事は国内では一番かと思います。

現状のMilk Timeは妻が開発の時間を中々取れないこともあり、私が仕事が休みの日などに開発を続けています。 おかげさまでダウンロード数もリリース当時と比べるとかなり増え、もうすぐ5万DLという数字も見えてきました。 この手のスケールしにくいアプリの中では結構良い数字ではないかと思います。 DL数以上に定着率が高いので、アクティブユーザーも順調に増え、それに伴い広告費も伸びてきています。

その他のアプリについて

想像以上に順調なので、もっとやりたいことはたくさんあるのですが、昨年はToGoListやShare Memoなど私が個人で開発したアプリの改善に時間をかけてしまったので、あまりMilk Timeの改善ができませんでした。 これは自分の中では判断を間違ったかもという反省はもちろんあるんですが、ToGoListは改善前よりDL数もDAUも2倍近く増え、これはこれでやってよかったと今は思っています。 優先順位は下げますが、ToGoListは私が常に使っているアプリでもあるので、Share Extension対応などまだまだ色々アイディアを練っています。

sakahara.hatenablog.jp

最近の改善などのアップデート状況

そういうこともあり、昨年の11月あたりからMilk Timeの改善を急ピッチで進めています。 これまであまり宣伝に時間を作っていなかったことも反省して、まずランディングページを新たに作り、アプリのスクショなども見やすいように変更しました。 (時間節約のため、テンプレ、便利なWebサービスを利用させてもらってます)

https://mocology.com/ja/milktime/

またアプリの細かいUIの改善や、不具合の多かったAndroidアプリを見直して、iOSのクオリティに近づくように修正しました。 Androidはまだまだ、iOSのように使ってもらえるような環境になっていないのは残念ですが、アプリのクオリティだけはいいもの維持しつつ状況を見守っていく予定です。 iOSについては、年末年始にGoogleドライブへのバックアップとデータの復元できる機能を数日かけて開発しました。 これでようやく機種変更やアプリを誤って削除しても簡単にデータを元に戻すことができます。 今週中にはリリースされるのでもうしばらくお待ちください。

今後の機能追加について

まず一番にやりたいのは本来、昨年中にやりたかった家族とのデータの共有機能です。 これまで通りオフラインでアプリは使え、リアルタイムでもデータを共有できる仕組みを作る予定です。 これはFirebaseかaws+Rubyでバックエンドを作るかのどちらかになるかと思います。 iOSAndroid共に対応することになると、休日にやるには時間がかかりそうではありますが、なる早でできれば数ヶ月以内にリリースできるところまで持っていく予定です。

その他に細かいところでいうと下記の機能も別途検討しています。

  • Androidでのバックアップ、データの復元(機種変更対応)
  • 月単位でのデータ集計表示
  • グラフ表示
  • Web対応

上記のように色々検討していますが、やはり使っていただくユーザーの皆さまが一番なので、限りなく同じ目線に立って開発できるよう努力していきます。 授乳タイマーとしての機能はもちろん、育児・子育てのサポートなどまだまだできることはあると思っています。 ご意見、ご感想などありましたらいつでもこちらにご連絡ください。

https://mocology.com/ja/milktime/#mail

これだけでも自分一人では盛りだくさんですが、ToGoListについてもまだまだやりたいことはあるので、あまりに時間が足りない状況ではあります。 そんな思いの中、日曜大工的な感じでどこまでできるかというところはもちろんありますが、今年は何としてもやりきっていく覚悟なので、引き続き本年も宜しくお願いいたします。

Share Memoというメモリアプリをアップデートして気づいたことを書いてみる

始めに今回の主題であるShare Memoというアプリについて触れておきます。

Share Memo

Share Memo

  • Mocology
  • 仕事効率化
  • 無料

そもそもこのアプリですが、iPhoneのカーソル移動があまりにもストレスだったのと、ちょっとしたメモを取るのにもっと快適なアプリがないかなと探していた時に自分で作ることにしたものです。 Share extensionsとかもまだ無い時代だったので、Twitterなどのウェブサービスとの連携が片手だけでシームレスにできるような仕組みを売りにして、このアプリ名にしました。 シェアする仕組みは事前にサービスにログインしておけば瞬時に確認なしでできるようになってます。 加えて左右へのフリックでのカーソル移動や、トラックボールをドラッグすることでカーソル移動がスムーズにできるのは今でもかなり便利です。

ですがリリース後しばらくして自分がこのアプリを使わなくなってしまい、最終的にiOS11が出てから64ビット対応をしていなかったので、起動できなくなりました。 その後すぐにユーザーの方から至急直せと何件か連絡をもらい、ようやく時間が取れたので対応したという次第です。 最後に更新したのが、2013年なので、かれこれ4年振りの更新になります。 使ってくださる人がいなければ公開するのはもうやめようという段階でしたが、アップデートして良かったと思います。

久しく触っていなかったので、修正しながら気づく問題点やまだまだ改善できそうな項目、アイデアなどもちらほら出てきました。 やはり自分が使わないことには愛着もわかなければ、改善する気にもなれないので、いいきっかけとなりました。 もっとShare Memoを自分自身が使って改善していくことにします。 メモアプリというのは、そもそも使う頻度が高い人が多いと思いますし、日々触るスマホで使うものなので、よく手に馴染む道具のような相棒として、自分好みにカスタマイズしていく予定です。 まずは究極の自己満足を目指します。

このアプリをリリースして間も無くレビューサイトなどに紹介してもらい、1日で数千のDLを稼いだ後にDL数がすぐに一桁減るという体験をしました。 そこからモチベーションが一気に下がったのが正直なところです。 なので上記のような考え方で進めるのが結局のところ一番いいんじゃないかと思ってます。

そういうやり方なのでアプリの(他のアプリもですが)売上を伸ばそうとかユーザー数を増やすなど、現状はあまり考えてないです。 あくまで自分が一番のユーザーなので。 ただ機能についての要望などあれば、連絡もらえれば検討します。 実装するかどうかは状況によって判断させてもらいますので、それについてはご了承ください。 Share Memoともどもよろしくお願い致します。

ToGoListというToDoリストのような感覚で行きたい場所を管理できるアプリをアップデートしました

2週間前に私が一人で作ったToGoListというアプリを久々にアップデートしたので、今更ですが紹介します。 私が個人で開発したアプリの中では一番思い入れのあるアプリです。

ただ当時はかなり注力して開発したにも関わらず、自分が期待したほどDLされなかったこともあり、かなり落ち込みました。 そのため2013年に作ったアプリでしたが、2年前のアップデートを最後に塩漬けにしてました…。

今回久々にアップデートする気になったのは、マプログ同様に7月あたりに、ユーザーの方からもっと機能追加をしてほしいという熱い要望があったからです。 (ユーザーの声というのはありがたいもんです)

このアプリのコンセプトは、ToDoリストのような感覚でタスクではなく行きたい場所を管理できたら便利そう、というところからスタートして作り上げていきました。 2013年当時は「行きたい」「行った」を管理できるようなアプリは数える程度しかなく、個人でもやりやすい領域だなと思っていた、というところもあります。 リリース当時は幸いいくつかのレビューサイトで紹介してもらい、スタートはかなり順調でした。

www.appbank.net

www.applefan2.com

忘れる前に!行きたい所をまとめちゃう場所管理アプリ♪ – トリセツ | iPhone初心者のための小技やアプリレビュー

ですが、DL数が伸びたのはレビューサイトに掲載された一時のみで、それ以降はずっと低迷しっ放しでした。 その中でも一番よくなかったのは自分自身が使わなくなってしまったことだと思います。 そしてそのまま放置状態で塩漬け状態となりました。

ただ1年半前に車を買い換えたんですが、純正のナビがBluetoothに対応しているので、スマホで登録した場所を直接ナビに送るために、またToGoListを使うようになりました。 ナビとの通信自体はNaviConというデンソーさんが作っているアプリにお任せなんですが、ToGoListからスムーズに連携できるので、いちいち車に乗ってから目的地を探して設定するという面倒なことをしなくて良くなりました。 アプリを起動して目的地をナビに送信するだけです。 もちろん「NaviCon」にもブックマーク機能はありますが、手前味噌ながらToGoListの方が場所を探したり、整理する機能は充実しているので、「NaviCon」を直接使うよりは全然使い勝手はよいです。

ちなみにナビがBluetoothに対応していないという方は、マップコードを入力して目的地を登録することもできますので、お試しください。

また今回のアップデートで登録した場所の検索や、登録した場所をマップから閲覧できるようにしました。 細かい改善ですが、これまで要望があった最低限の機能を大体満たせたので十分使える仕上がりになってます。

場所を管理するという意味だけでいくとGoogle マップもスター機能にラベルをつけることができるようになったので、それで十分ではないかと思う方もいるかもしれません。 ですがToDoアプリのような感覚で「行った」「行きたいを」管理できるToGoListの使い勝手には全然違うよさがあります。 これは実際にDLして使ってもらうのが一番だと思うので是非試していただきたいです。

ということでものすごいがっつり宣伝をするだけの記事になっちゃいましたが、あまりこういう形で自分の文章でアプリを紹介することがなかったので書いてみました。 まだ改善の余地があるアプリなんで今後もちょこちょこアップデートしていきますので、よろしくお願いしますー。

個人開発者がアプリをリリースするならAndroidよりiOSの方が良いという話

Milk TimeのAndroid版をリリースして約3ヶ月が経過し、その結果の数字からいろんな事が見えてきたので、ここらで一旦状況を整理してみました。

というわけでMilk TimeのiOSAndroidのリリースしてから3ヶ月間での数字を比較してみます。

現在の両プラットフォームの状況

今もそうですが、iOSAndroid共にPR自体は正直あまりうまくいっているとは言えなくて、ほとんどはストアからの自然流入に頼ってます。 そのため検索ワードはある程度、iOSのキーワードと近くなるようにAndroidでの説明文をほぼ同じ内容にしています。 広告はAdMobのみで設定は全く同じにしています。 ですので、条件的には近いですが、AndroidのリリースはiOSの1年後とかなり遅くなり、Androidの方がiOSよりクラッシュ数が多いなど不利な部分もいくつかあります。(とはいえiOSでの実績を考えればAndroidの方が有利かなと思ってましたが…)

ダウンロード数とアクティブユーザー

Platform ダウンロード数 DAU(最大) MAU(最大)
iOS 1,910 187 728
Android 778 61 306

リリースから3ヶ月間の合計

iOSAndroidのざっくり2.5倍程度のDL数とMAUですが、DAUはざっと3倍なので、iOSの方が定着率が高いと言えます。 Androidの方が定着率が低い理由としては、iOSと比較するとクラッシュ数が多いなどの要因が考えられるのでまだ改善の余地がありそうです。 ただ全体のDL数は、ストアでの新規アプリの露出がAndroidの方が低いのか?明確な差があります。 PRの方法が限られる個人開発者にとっては、同じアプリにも関わらずプラットフォームが違うだけで、これだけ差がついてるのは正直つらい状態です。

広告周りの数字

Platform クリック数 クリック率 売上
iOS 3,567 1.00% 63,335円
Android 578 0.53% 11,496円

リリースから3ヶ月間の合計

また広告収入については更に深刻なほどに差が出ています。 クリック数、売上は6倍以上、クリック率も2倍の差が出ました。 同じAdMobのみを使っているのですが、かなりiOS有利の数字が出ており、広告収入だけなら現状だとiOSのみのリリースでもよかったと言えます。 ただ結論を出すには早すぎるので、クラッシュ数を改善するなど、もう少し条件を近づけてウォッチしていきます。

今回の結果についての感想

現状でもiOSは1日辺り平均50〜100の間くらいでDLされているのに、AndroidのDL数は5-10と伸びないのは悩ましいところです。 特にAndroidについては個人でアプリを出すのは、Milk Timeが初めてであまり知見を持っていない分、余計に難しく感じてます。 結果論ではありますが、iOSを先行してリリースした結果を見て、Android版もリリースしようという話にできたので、Androidを先行してリリースして同じ結果になっていたら、開発を途中でストップしていたかもしれません。

結論

結論としてこの数字だけ見ると、個人開発の場合、iOSでリリースする方が圧倒的にメリットが大きいということになりそうです。 とはいえ数字自体がまだ小さくデータも少ないので、今後もっと調査してより理由を明確にしていくつもりですが、個人開発をしている方にとってはおもしろい数字ではないかと思い公開しました。 自分もそうですが、リリースしたら終わりではなく、こういった数字を継続して追いかけることで見えてくることもあるので、作りっぱなしで放置している方は再度見直してみる時間をとるとよいと思います。

ただこういった数字がどうこう言う前に、Milk Timeを継続して使ってくださるユーザーの方はアプリのリリース以降ずっと増え続けており、使ってくださる方々のためにも、今後もより良いサービスを提供できるように改善していく予定ですので、宜しくお願い致します。

個人でのアプリ開発を挫折せずに続けるためにできること

以前作ったアプリを塩漬けにしてずっと放置してたんですが、あることをきっかけに開発を再開しました。 それからどのように開発を進め、継続していけるかというアプローチの仕方や考え方を整理してみました。 再開するきっかけとなった話はこちらに書いてますので、興味があればどうぞ。

sakahara.hatenablog.jp

ちなみにこの話は前提として、本業があり、空いた時間だけで、基本的に一人で開発を行うような人を前提としてます。

数字の変化を楽しむ

アプリをリリースした後に、結果がイマイチだとそれでもう何もしなくなってしまう個人開発者の方は、結構多いのではないかと思います。 現にApp Storeでも、誰かが個人で作ったアプリの更新日を見ると、かなり前から放置状態というものをよく見かけます。 ですがリリースがゴールではないので、その後のユーザーの反応を見て、改善を繰り返し、反応がなければ、アプリ自体に魅力がない、もしくはPRが足りない可能性があるので、どう宣伝していくかを考えるべきかと思います。

実際に改善を繰り返すと、アクセス解析などで良い数字が出始めて、ゲーム感覚のように成長していくおもしろさを感じる時があります。 現に予想が当たった時など、変なゲームよりも全然おもしろいです。 こういったおもしろさを実際に体験することで、頭の中で、勝手にいろんな数字を上げるための施策を考えるようになり、こういったことが今でも開発を続けるモチベーションになっています。

アプリ開発そのものを楽しむ

これはどちらかというとエンジニア的な視点になりそうですが、個人開発なので、好きなプログラミング言語をえらび、好きなプラットフォームを選択して(もちろんクロスプラットフォームも)、好き勝手に物作りができます。 そして自分が思う完璧な設計を反映するのにいくら時間をかけてもいいんです。 決められた仕事をやる必要がある立場の人にとっては、純粋に作ることを楽しむ時間を持つことができない人も結構いるんじゃないでしょうか? そういったストレスを個人開発にぶつけるのは自己表現の仕方としても、とても健康的だと思います。

ユーザーのことだけを考える

お金のことにも触れましたが、結局はユーザーに使ってもらってナンボの世界ではあります。 ユーザーを無視して好き勝手に作っても結局誰も使わない自己満足に成り兼ねません。 ユーザーからの感謝のレビューこそがモチベーションにもなります。 ここで一つ問題になるのは誰もレビューしてくれないとか、そもそも使ってくれる人がいない場合です。 こういう時は視点を変えて自分こそが一番のユーザーだと思えばよいかもしれません。 自分が本当に使いたいものを作り、自分がユーザーとして日々使うのであれば、誰でもない自分が一番満足できます。 でもこれこそが一番難しいかもしれないです…。

さていくつか書いてみましたが、結局は自分に対しての戒めのような内容になってしまいました。 ありきたりな話のような気もしますが、この基本こそが、一番大事だと思うので、これからもいいものを作るために日々精進していこうと思います。

妻が一人で作ったアプリの売上が順調なのでAndroid版もリリースしました

以前お伝えした妻が一人で開発したアプリMilk TimeのAndroid版を本日リリースしました。

play.google.com

正直なところ、もっと早くリリースしたかったのですが、妻は本業が忙しい中、家事にも追われている状態だったので、8割程度アプリができた辺りから開発が完全にストップしていました。そのため私の方で残りの開発を隙間時間にやっている状況でしたので、中々大変ではありました。

妻はiOSのような操作性をAndroidで実現するのにかなり苦労していたようでした。私がその辺りの改善をしていく中で、細かいアプリの仕様を知れば知るほど、よく作れたなと、感心していました。 この度ようやくAndroid版もリリースができたので、より多くの方にこのアプリを使ってもらえる機会が増えることが、とても楽しみです。 妻が子供を育てる中での経験から生まれたアプリでもあり、私にとってもとても大切な存在となっています。

iOSの方は以前ブログで紹介してからの評判のおかげもあり、ダウンロード数はあの頃から2倍以上に増えました。

sakahara.hatenablog.jp

また中国語に対応しているおかげもあり、日本の次に中国の方にも使っていただいています。 その中でも売上は順調に伸びており、最新のMacBook Pro 15インチモデルが二ヶ月で買えるほどになりました。 妻がアプリ開発をする前に二人で悩みながらMacBook Pro の15インチモデルを買ったことが今ではよい思い出です。

今後の予定としては、iOSで導入済みのウィジェットや、明るさの調査、それ以外では要望の多い他のユーザーの方(例えばお父さん)とデータを共有できる機能を追加していく予定です。 データの共有はサーバも必要になりますが、現在のアプリはデータを全て端末内に保存する仕様となっているため、大幅な変更が必要になり、少し時間がかかりそうです。 そのためこれまでのようなゆっくりな開発ではなく、開発スピードを早くできる方法を色々と検討していこうと思います。

まだまだ発展途上ではありますが、Milk Timeを今後ともよろしくお願いします。