読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sakaharaのブログ

アプリ開発に関する話や日々の出来事など

妻が一人で開発したアプリの売上が順調に伸びていてうらやましい

iOS アプリ

半年以上前のことですが、今年の3/25にMilk TimeというiOSアプリを妻がリリースしました。

妻自身が子育て中に授乳のことなどで苦労した経験を活かし、授乳記録を簡単にできてもっとデザインのよいアプリを作りたいという思いをそのまま形にしています。

妻は元々エンジニアではありましたが、アプリを開発して自分でリリースするというのは初めてでした。 それにも関わらずアプリを作る決心をして、新品の15インチMacBook Proを購入しました。 そこから子育てをしつつ合間を見ては1人で企画、設計、デザイン、開発までを1人で行いました。 ちゃんと計算したわけではないですが、トータルでかかった工数は2,3ヶ月くらいではないかと思います。

私自身が個人でいくつかアプリを開発してリリースしてそれなりの売上を上げていたこともあり、冗談ぽくアプリ作って出したら、儲かるよなんて言ってたらホントにやっちゃったという中々の行動力ですw

妻は元々エンジニアでプログラミング経験は十分あったとはいえ、デザイン含め、アイコンまで自分で作ってやっている姿を見て、さすがに関心しました。 そしてもちろんObjective-Cに触れるのも初めてでした。

肝心のどうやって売上を得ているかという話にも少し触れておきます。 このアプリは画面は開いた状態にしたままの授乳中のタイマー機能がメインなので、広告モデルとの相性はよいだろうと考え、アプリ自体は無料にしています。 その上で実際にリリースしてみて分かったことは特に授乳中に画面を見てアプリ内の広告をクリックしてくださるユーザーの比率が想定以上の数字でした。 ダウンロード数こそ5,200程度ですが、現在では広告収入は月数万となりました。 ターゲットがほぼ20-30代で子持ち主婦の方に絞られるので、広告もピンポイントでニーズあったものが表示できる強みもあり、ダウンロード数とは関係なく、広告収入が伸びているようです。

あえていくら売上があったかは明言しませんが、開発に使った15インチMacBook Proの代金は半年待たずして回収できた上に、更に広告収入は伸びています。

主婦が初めて作ったアプリとしては出来過ぎな成果だと思いますw

現在は本格的に仕事復帰して本業のエンジニアの仕事をしながら、隙間の時間でAndroid版の開発も進めていて、来年の早い段階でリリースする予定です。 でももうこちらを本業にしてもいいタイミングかもしれませんw

今回のことは主婦の方がパートで働いたりするよりも、働く時間は自由な上、更にビジネスチャンスを含めいろんな可能性を感じさせてくれる出来事でした。 プログラミングができることでこんなにも可能性が広がるってことを自分の妻が教えてくれるとは夢にも思いませんでしたが。

もしアイデアはあるけど、自分ではできないかもという主婦が方がいらしたら、是非チャレンジしてほしいなと思います。

ということですでにリリース済みのiOS版共々よろしくお願いします! 是非ダウンロードしてみてください!